技術

ダムや堤防ではもはや限界がある

選択2024年7月号の巻頭インタビューに京都大学名誉教授 谷誠氏に対するインタビューが掲載されています。 近年の豪雨に対して、これまでのダムや堤防による治水政策では、もはや対応ができないところまできており、地域住民、専門家などが腹を割って話し合う…

「光で原子をあやつる量子コンピューター」(日経サイエンス2024年7月号)

光コンピューターのコンセプト自体は40年前からありましたが、2023年12月に発表した論文によると量子ビットで計算した実例を示して注目を集めているということです。 記事によると、これまでの超電導方式ではなく冷却原子方式を用いたこと、これまで…

EV競争からDV競争へと向かう自動車産業 (月間世界2024年7月号)

電気自動車(EV)の売り上げが鈍化している傾向が明らかになってきています。 これはEVに対する各国の補助金がカットされてきていることに加えて安価な中国製EVを排除する欧米の政策もあるといわれています。 ただEVも一時期のブームを終えて安定した選択肢…

「人工知能 生成AIのでたらめな図が論文に」(日経サイエンス2024年7月号)

バイオロジー関連の科学論文雑誌に中国の研究グループが掲載した論文の図が生成AIによって作られたものだったが内容的に意味をなさないでたらめなものだったということだそうです。 科学雑誌の一般ルールとしてある論文を掲載するにあたっては他の研究者によ…

「本当に知的なAI 人間の“脳内会議”を実装する」(日経サイエンス2024年6月号)

大規模言語処理が可能な生成AIは世界を驚かせましたが、人間の知性に迫る汎用性人工知能(Artificial General Intelligence)の開発につながるのではないかと期待されていますが、言語モデルはあくまで言語の領域にとどまるものであるとされています。 記事で…

「人型ロボットにAIのワザ 「頼れる機械」を社会に」(日経サイエンス2024年6月号)

早稲田大学尾形哲也教授の人型ロボット(ヒューマノイド)は2本のアームでタオルをたたむという難しい動作をAIの深層学習により実現しているそうです。 AI分野でも手先の器用さを必要とする人間の動作は難易度が高いとされていますが、各種センサーとモータ…

自然言語処理(NLP)ができることできないこと

「AI 2041 人工知能が変える20年後の未来 (未来3)」(カイフー・リー著)の記載に自然言語処理、特に近年のGPT-3の技術についてわかりやすく解説されていました。 自然言語を深層学習で処理するために従来は、入力する文章に対して正解となる出力を…